白蟻駆除はプロにお任せしたほうがいい

シロアリ

自宅に白蟻が住み着いてしまった場合は、なるべく早めに駆除を行なって被害を最小限に防ぐ必要があります。きちんとした対応で白蟻駆除を完了させたい場合は、駆除業者の方に白蟻駆除を任せるのが最適です。様々な施工方法で白蟻駆除を実施している業者は、正確に作業を行なってくれるので安全性が高く、スムーズに駆除を完了させることができます。早い段階で専門業者に依頼することで、白蟻による住宅への被害を確実に防ぐことが可能です。業者を利用する場合は、依頼の流れを前もって確認しておきましょう。

スピーディーに白蟻駆除をするなら薬剤施工が最適

白蟻駆除を行なっている方の多くは薬剤施工を活用しています。最近では、ペットや植物にも害が及ばない安全な薬剤もあるので、利用しやすくなっています。

薬剤施工(バリア工法)とは?

白蟻用の薬剤を噴霧器やハンドスプレーなどで散布する駆除法であり、住宅や土壌に散布すると薬剤が白蟻の侵入を防いでくれます。使用される薬剤は動物や植物にも悪影響を与えるため、散布する際は注意が必要です。最近は安全性の高い薬剤が利用されるようになり、徐々に動物や植物への影響が改善されるようになってきました。

薬剤施工の費用はどのくらい必要か?

薬剤施工で白蟻を駆除する場合は、一坪あたり9千円から1万円程の費用が必要になります。そのため一般的な大きさである3LDKの一戸建て住宅に薬剤施工を施す場合は、10万から12万円程の資金を準備しなければなりません。施工費用は工事を実施する業者によって変動するため、駆除を依頼する際は事前に施工の見積もり提示をお願いしましょう。また、保証期間について確認しておくことも大事です。

シロアリの発生しやすい場所を把握しておこう

白蟻被害によって住宅に悪影響が生じるのを防ぐには、事前に白蟻が住み着きやすい場所を把握しておく必要があります。

水回り部分はシロアリが発生しやすい絶好の環境

男性

白蟻が発生しやすいのは、トイレやお風呂場などの水回り部分です。特に風呂場は水を大量に使用する場所であるため、湿気が溜まりやすくシロアリが住み着きやすい環境になっています。トイレは白蟻被害が発生しやすい上に木材部分が露出していないため、被害が拡大してから白蟻の存在に気付くことが多いです。また洗面所や台所は湿気があるので白蟻を呼び寄せることがあります。ですので、湿気が残らないように気をつけましょう。

室内や室外の発生しやすい箇所

リビングなどの場所で輸入家具を使用していると、家具からアメリカカンザイシロアリが発生してしまうことがあります。アメリカカンザイシロアリは乾燥した木を好んで食べる習性があり、そのままにしておくと住宅にも悪影響が及ぶので注意しましょう。また住宅のベランダ部分はエアコンから排出される水で湿気が発生しやすく、外に面しているため白蟻が住み着く可能性が高いです。そのためベランダ部分は水が残らないよう、定期的に手入れを行なわなければいけません。

TOPボタン